本当は怖い無呼吸症候群!あなたは大丈夫?改善するためのオススメサプリ

「無呼吸症候群」は、テレビや様々なメディアを通して耳にしたことがある言葉なのではないでしょうか。
無呼吸症候群は、中高年の男性の5人に1人は経験しているという、とても身近なものなのです。

この無呼吸症候群、「あっ息が止まった?」と思い近づいてみると、「フガーっ!」と大きないびきをかきはじめるため、見ている側はつい笑ってしまうということもあるかもしれません。

ですが、実は無呼吸症候群はとても怖い病気なのです。

具体的に何が危険なのか、改善する方法はあるのかという点に加え、無呼吸症候群で悩んでいる方におすすめのサプリメントをランキング形式で紹介していきたいと思います。

無呼吸症候群の危険から身を守るため、家族を守るため、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

無呼吸症候群の何が危険なの?

まずは、無呼吸症候群のどのような点が危険なのかということについて、ご説明していきたいと思います。

正確には「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と言い、漢字から大体推測できるように、寝ている間に呼吸が止まってしまうという病気を指します。

 

医学的な無呼吸症候群の定義

  • 10秒以上、気道の空気の流れが停止する状態を無呼吸とする
  • 無呼吸の回数が、一晩(7時間)で30回以上もしくは、1時間あたり5回以上

このような場合に、睡眠時無呼吸症候群と言われます。
1時間あたり15回程度であればまだ軽度ではありますが、30回以上となるとかなり重度の無呼吸症候群です。

 

【危険その1】寝ている間に呼吸が止まって酸欠に?!

本来、寝るという行為は、その日の疲れた身体や脳を十分に休ませてあげるためのものですよね。
つまり、寝ている間には、脳や身体がリラックスして落ち着いている状態でなくてはなりません。

ですが、その休息中に無呼吸(呼吸停止)の状態が何度も繰り返されてしまうと、身体の中では酸素が少なくなっていきます。

酸素が少なくなると心拍数が上がるのですが、そうなると血圧なども上昇し、激しく運動をしている時と同じような状態を作り出してしまいます。

休息のために寝ているはずが、本人が気づかないところで激しい運動をしている状態と同じようになってしまうことで、心臓や血管に大きな負担をかけているのです。

 

【危険その2】血流が滞ることで生活習慣病に繋がる?!

酸欠状態を繰り返すことで身体の隅々に酸素供給ができなくなってしまいます。
酸素が供給されないということで、血流が滞り、動脈硬化や心不全、脳血管障害などに繋がりやすくなります。

毎日これが繰り返されてしまうと、生活習慣病を発症する他、様々な悪影響を与えるようになってしまうのです。

 

【危険その3】日常生活にまで悪影響を与える?!

寝ている間の無意識のうちに、何度も呼吸が停止してしまうことで、身体と脳は休むことができなくなってしまいます。

十分な睡眠時間をとっていると感じていても、昼間に強烈な眠気を感じたり、集中力が低下したりすることはありませんか?

睡眠時間が十分であっても、寝ている間に身体は必死に無呼吸症候群と闘っている状態なので、寝ているにも関わらず、ほぼ覚醒している時と変わらないのです。

つまり、脳と身体は全く休めていないということです。
となると、日中に何かしらの影響が出るのは当然ですよね。

慢性的な睡眠不足は、高血圧や心筋梗塞、糖尿病や脳梗塞などのリスクも高めてしまうことになりますので、大変危険です。

 

無呼吸症候群を改善するためにサプリメントがおすすめ!

そんな危険性のある無呼吸症候群、いち早く改善したいですよね。

無呼吸症候群を改善する方法としてはいくつかあるため後述しますが、日常生活を変えたり生活習慣を見直すというのは、なかなかすぐにできるものではありません。

そこで、サポート要素としてサプリメントを服用することをおすすめします。

日常生活に変化を加える努力に加え、サプリメントを活用することで、無呼吸症候群を改善させやすくなります。

 

無呼吸症候群を改善するためのオススメサプリランキング!

以下、無呼吸症候群を根本的に改善していくために、おすすめできるサプリメントをご紹介していきます。
ランキング形式にしていますが、どれもオススメできるサプリメントですので、一度チェックしてみてくださいね!

無呼吸症候群改善サプリランキング

  1. いぶきの実

    いぶきの実の特徴はコレ!

    ・還元型コエンザイムQ10配合
    ・えごま油配合で、コエンザイムQ10の働きが持続
    ・ビタミン豊富なえごま油はコエンザイムと相性抜群
    ・癒やしのハーブ「醗酵ギャバ」濃縮
    ・心のビタミン「ラフマエキス」配合
    ・いびきと歯ぎしりを同時にケア
    ・GMP認定工場にて製造
    ・10日間返金保証つき

    価格 通常価格6,980円 初回特別価格2,490円
    送料 無料
    内容量 1袋60粒入り(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★

    いぶきの実は、いびきや歯ぎしりなどの騒音トラブルをケアすることができる、平穏サプリメントです。
    いびきをかかないように空気の通り道を確保してくれるため、無呼吸症候群とも相性が良いサプリと言えます。

    イライラにも効果が期待できる濃縮GABAと、相性抜群のラフマエキスを配合しているため、落ち着いて眠りたいという方にもおすすめです。

  2. サイレントナイト

    サイレントナイトの特徴はコレ!

    ・筋肉成分が空気の通り道を確保
    ・リンゴ酸マグネシウムで筋肉サポート
    ・コエンザイムQ10で筋肉成分をサポート
    ・空気の渋滞を「広さ」と「支え」で確保
    ・ギャバで休息サポート
    ・シャキッと目覚めるイミダペプチド
    ・GMP認定工場にて製造

    価格 通常価格6,480円 モニター初回限定価格2,480円
    送料 無料
    内容量 1日6粒/180粒入り(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★

    サイレントナイトは、空気の通り道を確保するための筋肉成分「りんご酸マグネシウム」を配合しているサプリメントです。
    筋力低下による気道のふさがりを予防してくれる、おすすめのサプリメントです。

    目覚めをよくするイミダペプチド配合で、朝もスッキリ起きられます。

    公式サイトはこちら

  3. しずかなおやすみ

    しずかなおやすみの特徴はコレ!

    ・より吸収率を高めた活性化コエンザイムQ10
    ・その吸収率は約8倍(特許取得)
    ・アレルギーの原因になり得る素材は不使用
    ・モニター約70%が実感

    価格 通常価格5,960円 初回限定2,700円
    送料 無料
    内容量 30粒入り×2袋(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    しずかなおやすみは、特許を取得している活性化コエンザイムQ10を配合している点が魅力的なサプリメントです。
    8倍の吸収率で、しっかり効果が期待できます。

 

無呼吸症候群の原因

では、無呼吸症候群になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
無呼吸症候群の原因には、大きく分けて2つあります。

  1. 喉や気道が狭くなってしまうため
  2. 気道は確保できているものの脳から司令がでなくなるため

 

<原因1>喉や気道が狭くなってしまうため

何らかのことが原因で、空気が通るスペースがなくなってしまうために呼吸が止まります。
無呼吸症候群の患者さんの90%は、このことが関係しています

主に、肥満や寝酒、口呼吸などが原因で、喉や気道が狭くなってしまうことが挙げられます。

 

<原因2>気道は確保できているものの脳から司令がでなくなるため

これは、気道が確保できているにも関わらず、脳から呼吸をしなさいという司令がでなくなってしまう呼吸中枢の異常です。
気道は確保できているため呼吸ができるはずなのですが、司令がないため呼吸をしなくなるのです。

このことが原因の無呼吸症候群の方はとても少ないのですが、気になる方は病院で検査を受けることをオススメします。

 

無呼吸症候群を改善する方法は?

無呼吸症候群を改善する方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 肥満体型の方は体重を減らす
  2. 仰向けではなく横向きで眠るように意識する
  3. 寝る前のお酒をやめる
  4. マウスピースや鼻腔テープを使用する

 

1)肥満体型の方は体重を減らす

まず1つ目に、肥満体型の方は体重を減らすという方法が挙げられます。
肥満は様々な生活習慣病を引き起こす原因になるだけではなく、無呼吸症候群においても最大の原因として挙げられるためです。

肥満になってしまうと、首周りの脂肪が気道を狭めてしまうために空気の通り道がなくなってしまうのです。
少しでも首周りの脂肪を減らして、気道を狭めることがないように努力する必要があります。

無理なダイエットで体調を崩さないよう、運動を取り入れながら少しずつチャレンジしてみてください。

 

2)仰向けではなく横向きで眠るように意識する

仰向けで眠ることによって、重力で舌が喉奥に沈み込んでしまい、気道が狭まるということがあります。
そのため、横向きで寝て気道を確保するようにしてあげることも方法の1つです。

ただ、寝返りを打った時に仰向けに戻ってしまうこともありますので、抱きまくらや壁際に寝るなどの工夫も必要です。

 

3)寝る前のお酒をやめる

寝る前に寝酒を楽しむという方もおられると思います。

これはそれぞれの嗜好の問題なのでとやかく言えることではありませんが、お酒(アルコール)には筋弛緩作用があり、身体の筋肉を緩めてしまいます。

筋肉が緩むということは、喉周りの筋肉も緩んでしまうということなので、気道が確保しづらくなってしまうのです。
お酒によって入眠しやすくなっても、その後悪影響を与えてしまうというのは、困りますよね。

お酒の飲み過ぎは身体によくありませんので、寝る前のお酒はできるだけ止めたほうがいいと言えます。

 

4)マウスピースや鼻腔テープを使用する

鼻腔テープを使用することで、鼻の通りをよくして空気を通りやすくしてあげるという方法もあります。
ただ、寝る前に手間がかかるのと、慣れるまでは違和感を感じてしまうかもしれません。

マウスピースを使用して、あごの位置を少し前に出した状態で眠ることでも、気道を確保することができます。
こちらも寝る前につける手間が必要なのと、慣れるまでは違和感があり入眠しづらいかもしれません。

 

いずれの改善方法も、それなりの努力や工夫が必要になるため、サプリメントでサポートしてもらうことをオススメします!
早めに改善し、無呼吸症候群とそこからくる生活習慣病を予防できるようにしましょう。